reilst.txt

ゲームとアニメとマンガ。現在はTree of Saviorブログ!

ハースストーン民がなんか既視感を覚えるシャドウバースのデッキをまとめた。


f:id:reilst:20160718010048p:plain

 

シャドウバースなんだかんだハマってます。

エンシェントエルフが2枚しかない冥府エルフでなんだかんだB0までは上がれました。

数回してれば多分まだまだ上がるんじゃないかなあと思っている。

 

ハースストーンの方が分かりやすいUIだし、ちゃんと先行入力もできるし、落ちたりしないしでハースストーンがやっぱりサイコーって思ってたけど、シャドウバースもやってると面白くなってきた。

 

今回は色々とシャドウバースのデッキを触ったので

これハースストーンの○○デッキじゃね?ってなったのをまとめる。

ようはハースストーンのデッキに置き換わるシャドウバースデッキだ。

 

これからシャドウバースを始めるハースストーン民は今から載せるデッキを簡単にプレイできることだろう。

何故ならハースストーンで経験のあるデッキだからだ。

 

f:id:reilst:20160701040856p:plain

 

ミラクルローグが好きなら冥府エルフ

このデッキは言ってしまえばミラクルローグだ。

収穫祭新たなる運命を使ってひたすらドローしデッキを回す。

そして墓地を溜めて冥府への道を決める。

 

やっていることはほとんどミラクルローグと変わりない。

そして頭をつかう部分もほぼミラクルローグだ。

あと1枚ドローしちゃうと手札溢れちゃうなとかこのターン倒せるかどうか。

 

リロイジェンキンスに当たるカードはリノセウスだ。

疾走(チャージ)を持っていて

そのターンに使ったカード枚数分攻撃力が足されていく。

ドローした低コストカードを使って一気にバーストを出してとどめをさした時

ハースストーンプレイヤーならきっとミラクルローグでリロイを決めたあの瞬間を思い出すことだろう。

 

冥府エルフじゃなくてもエルフというキャラクター自体がかなりローグに近い。

ローグ好きにはエルフがオススメだ。

 

esports-runner.com

 

ドルイドが好きならミッドレンジドラゴン

こいつは完全にランプドルイドだ。

マナ加速をしてでかいミニオンを出す。

ただそれだけのデッキだ。

 

ドルイド同様、やることはシンプルなので比較的カンタンにプレイできる。

しかも強い。

 

シャドウバース界のドルイドはチャージ持ちが多くいて

なかなかのバーストが出せる。まるで弱体化前のロアコンだ。

 

esports-runner.com

 

ハンドロックやウォリコンが好きならコントロールヴァンパイア

ヴァンパイアの特性上、一見ハンドロックっぽいが実はウォリコンらしいところもあるのがコントロールヴァンパイアだ。

 

序盤除去に徹し、後半大型をポンポン出すウォリコンに近いバトルを繰り広げることもあれば、耐えて回復して全体除去してというレノロックらしい戦いをすることもある。

 

ハンドロックとウォリコンが好きならこいつで決まりでしょう。

ちなみにかなりのダスト(エーテル)が必要なので課金しないとまず組めない。

ここもウォリコンらしい。

 

esports-runner.com

 

Zooが好きならアグロネクロ、ロイヤル

ミニオンを並べて盤面の有利を取り、敵を殴る

この戦い方をするのがアグロネクロとロイヤルだ。

Zooが好きだったハースストーンプレイヤーならハマること間違いなし。

 

esports-runner.com

esports-runner.com

 

以上、まだまだ触れていないデッキも多いのでわからない部分もあるが、基本的にはこんな感じ。

シャドウバースを始めるハースストーン民には参考になると思う。